宮崎県の美容外科・形成外科 みやざき美容クリニック

ドクター紹介

  • HOME »
  • ドクター紹介

院長メッセージ

美容医療もちょっとしたお洒落の一つ

院長 小宮美慧

美容外科や美容整形と聞くと「今までと違う自分に変身!」なんてイメージが強いかもしれません。しかし、私が皆さんにご提供したい美容医療は少し違います。メイクやファッションのようなお洒落の一つとして美容医療をご提供したいと考えています。
ちょっと自分に自信が持てなかったり、少し今と違う自分になってみたいと思った時にメイクを変えてみたり、髪を切ってみたり、今までと違う服を買ってみたりしますよね?ちょっとしたことだけど女性ってそれだけでガラッと変わってしまう。それと同じで、もう少し目をぱっちりさせたい、もう少しだけ鼻が高かったらなぁ、5年前の自分に戻ってみたいなぁ、なんていうちょっとした気持ちを実現できるお手伝いをしたいと思っています。
「今までと違う自分になりたい」よりも「ちょっと変わってみたい」と思われる方の方が多いのではないでしょうか?そういった変化という微妙なニュアンスは、女性の私は理解できるので、女医ならではの女医だからこそご提供できる美容医療を目指していきたいと思います。
最終的には美容医療が、身近にあるファッションと同じように皆さんが美しくなるためだったり、歳を重ねていく中でのメンテナンスの一つのツールのような存在になれればと、そういう気軽に来院できる美容クリニックでありたいと考えています。

老若男女が訪れるアットホームな雰囲気

美容医療というととても敷居が高いと思われがちです。
世の中には美容医療に関する様々な情報がありふれていて、どれが正確な情報かも分からないような状況だと思います。「興味はあるけど、やっぱり少し不安」という方も少なくないと思います。
そういったことも、私自身が実際に治療をしたり、ブログの記事やラジオ出演を通じて色々なこと、正しい情報をお伝えすることで、敷居を取り払っていきたいと思っています。
老若男女どなたでもご来院いただけて、何でもご相談いただけるような美容クリニック作りを大事にしています。

宮崎の美容医療をリードしていきたい

もっと美容医療を宮崎に広めていけたらと考えています。美容医療に関心のある方だけでなく、ちょっと気になっている方達にもお越しいただけるように美容医療を知っていただく啓蒙活動を行い、変わらずに適正な価格で安心、安全な美容医療を提供し、常に新しい美容医療を学び取り入れ、ここ宮崎の美容医療をリードしていきたいと思います。

院長 小宮 美慧

学会発表

美容外科医として、女医だから活きる美容医療とは

シンポジウム8【これからの美容外科〜女性の視点から〜】
第107回 日本美容外科学会(JSAS)2019年4月17日18日
シンポジウム8【これからの美容外科〜女性の視点から〜】の様子
シンポジウム8【これからの美容外科〜女性の視点から〜】の資料
発表概要
美容医療の発展とともに、非侵襲的な治療の需要が高まり、さまざまな美容医療機器が開発されている。
できれば切りたくない患者様と、できれば切りたくない医師と、互いのニーズが合致し、侵襲的なオペを行わない美容外科医が増えている。

一方で、手術以外には良い治療法がない症例も非常に多くあり、特に男性医師には相談しにくい「小陰唇縮小術」や「乳頭縮小術」である。
宮崎というイチ地方の美容外科である当院にも、他県から来院される方が多い。
最大の理由は、男性医師には相談しにくいパーツであること、そういうニッチなオペまでを行う美容外科医の女医が多くないことが挙げられる。

本日の発表は、こうした女性の悩みを解決する美容外科手術について、女医の皆さんの少しの参考になればと思います。

院長経歴

2000/04 久留米大学医学部卒業
2000/05 久留米大学外科学入局
2002/05 福岡県立柳川病院
2004/12 城本クリニック
2006/02 城本クリニック 宮崎院
2011/02 みやざき美容クリニック 開院
PAGETOP
お電話
メール相談
カウンセリング予約
Copyright © みやざき美容クリニック All Rights Reserved.